楽しい行事へ トピックスへ

森の山まつり
(H20/8/23-25)

 持地院境内にある森の山は、現世と来世である冥界の境に存在し、お盆で帰ってきた精霊と子孫がお別れする場所であると伝えられています。毎年8月23日から25日は、森の山本尊の地蔵様に参詣する信者で賑わい、6百年間香が絶えることなく森供養が続けられています。若草幼稚園の園児たちもお参りします。

 

写真をクリックすると拡大します。戻る時はブラウザの「戻る」ボタンを使用して下さい。
地獄絵(持地院に古くから伝わる絵で、三途の川、閻魔大王の裁判、舌抜きや針の山等の亡者の責め苦、賽の河原等の場面が描かれています。)
地蔵堂でのお参り(森の山の本尊である地蔵様にお参りします。お賽銭も入れます。)
8/25



夜の部(在園生や卒園生のために飲物サービスをしています。また、境内にも出店が並び多くの参詣者で賑わいます。)


流れ灌頂(精霊船「大非丸」が、中に入れた数千枚の木羽仏と共に、酒田大仏が見守る幼稚園グランドで荘厳に焼かれる儀式です。)