トピックスへ 楽しい行事へ

もちつき
(H21.12.16)

 昨日は、朝から園内にもち米のおいしそうな香りが漂っていました。
 そして、ペッタンペッタンともちをつく音。「よいしょ!」とかけ声、「♪ぺたんこ〜」と歌声…とても賑やかに、もちつきが行われました。

 昨日ついたもちの量は、三升×七個!たくさんのお父さん達、お母さん達、そしておばあちゃんのお手伝いに支えられ、おいしいおもちが無事でき上がりましたよ!
 ことり組では、あみちゃん、らんちゃんのお父さんがお手伝いに来て下さり、ことりちゃんが見学している時も、実際について見せて下さいました。自分のお父さん、知っているお友達のお父さんが目の前でついてくれるのは子ども達にも嬉しかったようですね。ありがとうございました!さて、昨日のもちつきは…実際に子ども達でもちをつくのは年長のお友達のみで、年中、少は見学となります。大きい組になったらもちをつけるんだよと期待して、年長になることを待っています。
 そして会食。「雑煮」「あんこ」「きなこ」「のり」「砂糖醤油」の五種類から、好きなものを好きなだけ食べました。ことりちゃんの人気は、「あんこ」「きなこ」でした。お母さん達、教頭先生、菅井先生が味付けしてくれた雑煮、あんこ、とってもおいしかったです。
 おもちが初めて、ちょっと苦手というお友達も、心配をよそに食べることができました。おもちのサイズも他の学年より小さくまるめてもらい、ことり特別サイズで(直径二センチくらい)食べやすくしていただきました。
 たくさん食べて、おかわりおもちが完売!さらに職員室から追加でもらったくらいです!たくさんおもちを食べて、力もモリモリ!元気もモリモリ!風邪を引かず元気に過ごせますように。 (ことり組 おがわせんせい)
写真をクリックすると拡大します。戻る時はブラウザの「戻る」ボタンを使用して下さい。