トピックスへ 楽しい行事へ

夏季保育(年長組)
(H21.7.23-24)

夏季保育当日に、リアルタイムで速報をUPしました。

速報15(朝食、後片付け、降園)
速報14(起床、本堂へおまいり、飼育動物の世話)
7/24 速報13(熟睡中)
速報12(その他追加分)
速報11(就寝)
速報10(キャンドルサービス・ブラックシアター)
速報9(若草ワクワクランドー宝さがし)
速報8(ふとんしき)
速報7(若草バイキング)
速報6(園のデジカメ追加分)
速報5(すくすく畑で収穫)
速報4(虫つかみ・スイカわり)
速報3(昼食)
速報2(ニジマスつかみ・川遊び・秘境探検)
7/23 夏季保育速報1(幼稚園集合)

夏季保育
名前:宗徳    日付:7月26日(日) 16時58分
 昨日から小学校の鳥海登山(PTA行事)に行ってまして、今朝戻りました。筋肉痛です。一昨日に夏季保育が終わったばかりですが、大きな行事が続いて余韻に浸っている暇がありませんの〜。

 今回の夏季保育、晴れて本当に良かったです。保護者への説明会で、「私が園長就任以来3年連続雨に降られているので、今度降ったら園長をやめなければいけない、そんな覚悟で臨みたいと思います」とあくまで冗談で言ったら、翌日「園長先生やめるんだってねえ」と子ども達に言われ、お母さん方からも「次は誰になるのかしらねえ」とささやかれる始末…。そんなわけで、朝に快晴の空を見上げた時は、嬉しさと同時に、(これで園長を続けられる…)と安堵の思いもこみ上げました。

 久々の平田の水辺の楽校では、青空の下、緑の草原が広大に広がる川辺で水に浸かりながら、ニジマスつかみを体験できました。地元の青年団「未来塾」のメンバーやお父さん先生方の協力の中で、子ども達本当に楽しそうでした。生きた魚を直接手づかみする経験はとても貴重だったと思います。
 川遊びでは、冷たい水を嬉々としてかけ合いましたが、私の方が子ども以上にはしゃいでいました。川辺から続くトンネルを通って、奥深い森の中へ入っていく秘境探検は、川辺とは景色がすっかり変わり、ジャングルのような雰囲気がただよう光景に、子ども達も息をのみながら進んでいきました。この探検は本当に不気味で(?)面白かったなあ。

 昼食は、自分で獲ったニジマスを、お父さん先生や未来塾メンバーから串焼きにしてもらって食べるのですが、ガブリと頭から食べる子もいて、かなり美味しかったようです。きれいに平らげる子がたくさんいました。お家の人が作ってくれたお弁当も美味しく、楽しい活動の中での昼食は、食欲もどんどん増していくようでした。
 その後は虫つかみ。バッタやカエル、トンボ、ちょうちょを追いかけ、興奮度全開の子ども達。最後のスイカ割りは、先生や未来塾メンバーを応援し、見事割れたスイカをみんなで食べました。

 幼稚園に戻ってからは、すくすく畑の収穫。この日のために収穫を待っていた夏野菜の数々。トマト、きゅうり、ナス、パプリカ、人参、トウモロコシ、スイカ、カボチャ、ズッキーニ、インゲン、オクラ、枝豆、オカヒジキ…。自分達が種まき、苗植えした野菜が、このように生長した姿を見せてくれて嬉しかったと思います。箱いっぱいにどっさりと収穫できました。

 お風呂のスパガーデンは、私が最も興奮し責任を負うものの一つ。それは先生達が女湯に行くため、男達の面倒をお父さん先生と共に見るからです。でも今年からはなおと先生が新たに加わったので、ちょっと余裕。男児達を、手分けしてイモ洗い状態でゴシゴシ背中を流してやった後、スパガーデン人気ナンバーワンの外のプールに直行。けっこう深いので、子ども達が溺れないように目を光らせます。子ども達、深い所でもぐるのが面白いらしく、いつまでも入りたがるのでした。

 お風呂から戻って若草バイキング。食事班の先生達が一生懸命作ってくれたご馳走は、カレーライス、焼きそば、ミートボール、トウモロコシ、サラダなどなど。以前に収穫したじゃがいもや玉ねぎがカレーの材料として使われ、先ほど子ども達が収穫したばかりの野菜も、特別メニューとしてふんだんに使われています。新鮮な食材を前に、今日いっぱいに活動してお腹が空いた分、モリモリ食べ、おかわり続出でした。

 夕食後はふとんしき。好きなところにふとんをしきますが、お友達と一緒に寝る嬉しさで、はしゃぎまくる子ども達でした。「一緒に寝ようね」と確認し合う姿が微笑ましいのです。

 さあ、メインイベントの「若草ワクワクランド」。まずは宝さがし。4つのグループに分かれ、宝を目指して探検します。外のコースにお寺の中のコース。それぞれ暗い中を進むので、怖くてメソメソする子もいましたが、友達の励ましで立ち直り、最後に見事宝をゲットした時は、満面の笑顔が広がっていました。「一緒に行こう!」「頑張ろう!」、私が撮影で回っている時、こんな声が随所で聞かれました。

 次は「キャンドルサービス」。女神様からもらった火が、先生達を通して、次々と子ども達のキャンドルに灯されていきます。今日あったいろいろな活動が、どんなに楽しかったか、また、活動を通してどんなに成長できたか、年長の先生より話があります。キャンドルの火をじっと見つめながら、先生の話を聞く子ども達。幻想的な雰囲気の中「ぼくたちの歌」を合唱した後、キャンドルを集めると、まるでケーキのような姿の美しさでした。

 ブラックシアターは「アラジンと魔法のランプ」。ライトが織り成す光の電飾劇場に、子ども達のため息が漏れました。

 就寝です。楽しくて興奮状態の子ども達でしたが、いっぱい動いて体はかなり疲れていたことでしょう。消灯したとたんに寝息があちこちから聞こえてきました。
 夜中は先生達が徹夜で付添い、おしっこに連れていったり、ちょっとさみしくなった子に添い寝して体をなででやったりして、安心感を与えていました。やはり保護者の元を離れて泊まるということは、子ども達なりに相当の覚悟であり、不安もあったかと思います。夜中にふと目覚めそれを実感する子達に対して、先生達は優しさいっぱいで接していました。

 翌朝の起床。みんなぐっすり眠れたのか、爽やかな表情です。着替えてきちんと布団をたたんでから本堂でお参り。お坊さん達の読経を神妙に聞きます。その後私が話した内容は、「アンパンマン」のことです。アンパンマンが誕生した経緯のようなものを話したのですが、内容はお子さんに聞いてみてください。(覚えてないかも(笑))

 一方のグループが朝食準備をしている間、もう一方は飼育動物の世話。うさぎに餌をやったり、KK牧場のカブトムシにゼリーを与えます。
 朝食はサンドイッチ、ウィンナー、野菜炒めなど。昨日の出来事を話し合いながら和やかに食事が進みました。

 後片付けをして荷物をまとめ、いよいよお別れの時間です。私が初日の挨拶の時に言った、「自分のことは自分でする」「友達が困っている時は助けてあげる」、この2つは守れましたか?と聞くと、「はーい」の返事。「もう1日ぐらい夏季保育を続けたいですか?」と聞くと、半分ぐらいが「はーい」。やはり盛りだくさんの2日間で疲れていたことでしょう。お父さん、お母さんも恋しかったことでしょう。ということで、無事に夏季保育が終わりました。

 ざっと簡単に2日間を振り返りましたが、私などより、先生達がじっくりと子ども達と関わっていたので、各活動に対する現場の先達のいろいろな思いがあったと思います。また、子ども達の成長を間近で見て思うことも多々あったことでしょう。今後担任などを通してお話があるかと思います。
 また、何よりも子ども達一人一人にドラマがあるので、子ども達がお家で話すことが、保護者の皆さんにとっては一番の物語でしょう。一緒にHPの写真でもながめながらお話してください。

 お父さん先生の存在が本当にありがたかったです。各役割をきちんと果たしてくれたので、スムーズに活動が進みました。深く感謝いたします。

 HP速報に対して、数々の応援メッセージありがとうございました。お子さんの元気で楽しそうな姿を確認できたかと思います。保護者のメッセージで、子ども達の笑顔から、保護者の方も元気になれる、勇気をもらえるという内容のものがいくつかありました。本当にそうですね。子ども達から我々大人がパワーをもらっているのだということを改めて実感します。

 すっかり長くなりましたが、このへんで。皆さん、お疲れ様でした。子ども達、楽しい夏休みを過ごしてください。