トピックスへ 楽しい行事へ 大仏建立の日(年中、年長組)
(H21.6.11)
 日清戦争による戦病死者と酒田大地震の被害者の霊を弔うために、大正3年に初代酒田大仏が建立され、多くの信仰を集めました。しかし、太平洋戦争末期の政府の金属回収令により、昭和18年に大仏は強制的に解体されました。その後多くの壇信徒の御支援により、平成4年6月、約50年ぶりに酒田大仏がよみがえりました。以来、若草の園児たちが元気に遊んでいる姿を、いつも慈愛のまなざしで見守っています。若草では、開眼法要が行われた6月を大仏建立の日として、園児と一緒にお参りしています。
「大仏様のお誕生日!!」

 昨日は、「大仏建立の日」のお祝いに、年中、年長がホールに集まり、お参りをしました。

 花まつりの時のように、初めに年長の代表の子ども達が、花や線香等をお供えします。
 その後、みんなで黙想。お坊さん方のお経と共に、手を合わせお参りします。
 お坊さん姿の園長先生からは、大仏さんのお話を聞きました。園庭の大仏さんは2人目。1人目は、戦争のため(金属回収令)持っていかれてしまった事を聞きました。又、大仏さんの右手は、悪い心を取り除いてくれる手、左手は、困っている人の悩みや願いを聞いてくれる手…である事をお聞きしました。

 最後には、いつも見守って下さる大仏さんに聴こえるようにと、大きな声で「大仏さんこんにちは」の歌を歌い、お参りしてきましたよ。

 あいにくの雨で、外での予定がホールになってしまいましたが、園長先生が持ってきてくれた大きな大仏さんの写真に手を合わせました。その写真は、建てられた当時の大仏さんが写っており、今の大仏様と色が大分違うことにびっくりの子ども達でした。 (ばら組 なおとせんせい)
クリックすると拡大表示します。戻る時はブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。
年長さんの代表が、線香、ろうそく、花、お菓子をお供えします→「黙想、いのりましょう」を歌います→お坊さんたちの読経に合わせてお参りします→大仏についてのお話を聞きます→「大仏さんこんにちは」を歌います。

*雨天のため、ホールで行いました。

1.光かがやく大仏さん 心もからだも守られて 尊いいのちをたいせつに 大仏 大仏 大仏さん

2.慈愛のまなざし大仏さん 緑の風をよんできて 草木も小鳥も虫たちも 大仏 大仏 大仏さん

3.知恵と勇気の大仏さん 雨の日 風の日 雪の日も 明るく強く子どもたち 大仏 大仏 大仏さん